住まいと税金

不動産に関する税金は各種ありますが、わかりやすくまとめてみました。

固定資産税

毎年1月1日現在で各市区町村の固定資産課税台帳に記されている土地や建物にかかる税金。所有者として登録されている人が払う。送付される納税通知書により、4期に分けて固定資産税と都市計画税を一括納付。なお、固定資産の評価額等に不服がある場合は審査申し出が可能。

固定資産税の税額と軽減措置

税額 軽減措置 軽減措置の適用条件
土地
  • 課税標準額×1.4%(標準)
  • 課税標準額×2.1%(最高)
(課税標準額×1/6)×1.4% 一戸当たり 200平米までの小規模住宅用地
(課税標準額×1/3)×1.4% 一戸当たり 200平米を超える一般の住宅用地
建物
  • 課税標準額×1.4%(標準)
  • 課税標準額×2.1%(最高)
(課税標準額×1/2)×1.4% 以下の条件を満たす住宅を新築してから3年間
(耐火・準耐火構造の3階建て以上の建物は5年間)
  • 床面積が50m2以上280m2以下
  • 併用住宅の場合、居住部分が5割以上(別荘を除く)